しわはメイクで隠せると思ってない?!


しわが目の近くに発生しやすいのは、その皮膚が薄いことが要因です。頬の部分の皮膚の厚さと比べてみると、目の下とか目尻は2分の1、瞼は3分の1と言われています。
「美白と腸内環境は全く関係ない。」と明言される人も少なくないと思われます。でも、美白を望んでいるなら、腸内環境も完全に整えることが必要です。
スキンケアと申しても、皮膚の元となる表皮とその中を構成している角質層のところまでしか作用しないことが分かっていますが、このなくてはならない角質層は、空気の通過も封じるくらい固い層になっていると言われています。
オーソドックスなボディソープだと、洗浄力が強いので脂分を必要以上に取り去ってしまい、乾燥肌だったり肌荒れになったり、時には脂分の過剰分泌を生じさせたりする前例もあると耳にしています。
「敏感肌」向けのクリームだったり化粧水は、肌の乾燥を食い止めるだけではなく、肌の角質層が生まれつき具備している「保湿機能」を正常化することもできるのです。

化粧下地と健康について


健康を推進する世界保健機関は、UV-A波の著しい浴び過ぎは皮ふ疾患を招く可能性が高いとして、19歳未満の若い人がファッション感覚で日焼けサロンを使う行為の禁止を先進国に求めている最中です。

クモ膜下出血とは実に8割以上が「脳動脈瘤」という脳の血管の不必要なこぶが裂けて脳内出血することが原因となってなってしまう深刻な脳の病気だという知識を多くの人が持っています。

子供の耳管の作りは、大人の耳管と比較して幅が広く長さがなく、なおかつ水平に近いため、様々な細菌が潜り込みやすくなっているのです。

子どもがよく急性中耳炎を起こすのは、これが原因です。

ターンオーバーの秘訣とは?


お肌の奥で作り出された肌細胞は少しずつスローペースで皮ふの表面へと移動し、最終的には肌表面の角質となって、約一カ月後にはがれ落ちていきます。

このサイクルこそがターンオーバーと呼ばれています。

なんとかしてキレイに見せたいという気持ちからマッサージしてしまう人がいらっしゃいますが、こと目の下は刺激に敏感なので、強く圧力を与えるだけのフェイシャルマッサージであれば良くありません。

美白という美容法は2000年の少し前に美容家の鈴木その子の台頭とともに人気になったが、もっと前からメラニン色素の増加による様々な皮ふトラブル対策のキーワードとして採用されていたようだ。

例を挙げれば…今、パソコンを見つめながら頬杖をついてはいませんか?この行為は掌の力をダイレクトにほっぺたに当てて、薄い皮膚に余計な負荷をかけることに繋がっているのです。